メニュー

当院で受けられる手術・診療

レーシックの初診から術後検診までの流れ

1. カウンセリング予約
お電話により、カウンセリング予約をお受けしています。
待ち時間を少しでも減らすために、受付の予約が電話でとれるようになりました。
予約のない方は、当日受付順番での診療となります。 

午後2:00~5:00 (土曜のみ4:00まで)
0120-47-4976
2. カウンセリング
屈折矯正手術で現在最も多く施術方法として行われているのがレーシック(LASIK)になります。ただレーシックという言葉だけですと1種類のみになりますが、フェムトセカンドレーザーを当院が利用する理由から、治療方針、本当にレーシックを行うことができる眼の状態なのか、様々な適応や方法がありますので、 是非ご相談ください。
3. 手術の日程が決まりましたら、手術日の1週間程前に術前検査を行います。
一般的な眼科検査とレーシック手術に必要な検査を全て行います。 レーシックに適応するかどうか角膜の状態など多方面から検査します。コンタクトレンズをご使用されている方は、あらかじめ装用中止期間があり、裸眼の状態での検査が重要となります。 検査よって得られた情報を検討して、レーシック手術を行って良いかどうかの判断をします。 検査結果・術式・注意事項等のご説明を行います。ご理解と安心のもとに手術を受けていただけるよう、万全をきたすよう行っています。 手術当日に清潔な状態で手術を受けていただく為に、手術3日前より、抗菌点眼薬を使用していただきます。
※コンタクトレンズをお使いの方は、術前検査日までの装用中止期間がありますので、ご注意下さい。
4. 手術当日
通常、手術の当日は指定の時間にご来院いただき、検査の後、術前の診察を受けていただき、術前の確認をいたします。 手術は、短時間で終了し、術後用の保護メガネを装着して帰宅します。 帰宅後はまるべく安静を心がけてください。入浴・洗顔はできません。
5. 翌日検診、手術後ケア
午前中に眼帯をしたまま来院してください。 眼の消毒と簡単な検査を行い、診察となります。
手術後の検診は、翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後・12ヵ月後が目安となります。
当院で受けられる手術・診療
白内障治療
水晶体眼内レンズ
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術