メニュー

当院で受けられる手術・診療

ICLとは(ICL有水晶体後房レンズ)


LASIK・ReLExの適応範囲内の方でも、ICLで視力の質を追求できます。
(通称として、眼内コンタクトレンズ/眼内永久コンタクトレンズと称される場合があります。)


・ICL紹介外部リンク

・ICL紹介アニメーション(1m54s)

・ICLプロモーション動画(1m57s)

・ICL手術イメージCG(15s)

ICLの概要と歴史

ICLは有水晶体における屈折異常(近視・遠視・乱視)の矯正を目的としたレンズです。

ICLは虹彩と水晶体の間(後房)に固定します。日本では2010年2月に厚生労働省から承認を受けています。
世界においては1997年に欧州でCEマークを取得後、カナダ(2001)韓国(2002)アメリカ(2005)中国(2006)など60カ国以上で承認・認可されており、2010年に日本で認可され、2018年3月までに累計775,000枚以上が使用されています。
また、国内シェアで96%(2015年JSCRS調べ)、世界シェアで68%(2015年マーケットスコープ調べ)となっています。

ICL 治療の方法について

有水晶体後房レンズ(以下ICL)は、屈折異常眼(近視)に挿入し、視力補正を行うことを目的としたレンズで、虹彩と水晶体の間に固定します。ICLは角膜屈折矯正手術では十分に矯正出来ないような強い近視や、薄い角膜の方にも適応できます。また、必要に応じて、ICL挿入後に再手術によってレンズを取り出したり、交換することも出来ます。適応検査の結果、ICLを使用することが適切であると判断された方に挿入手術を行います。
※ICLは、通称として、眼内コンタクトレンズ/眼内永久コンタクトレンズと通称される場合があります。

当院のICL 最先端機器・設備など

当院では、患者さま一人ひとりの目の状態を検査し、より正確な情報獲得に努め、より精密で安全性の高い最先端機器を駆使し、患者さまのQOL向上のパートナーとして努めます。

例えば、ICL挿入術において、CASIA2等の前眼部OCTがあることでレンズサイズを高精度で設定することが可能となります。それにより、より精度の高いクオリティを追求することが可能となります。
また、乱視用のICLの場合、レンズの固定位置の合わせが重要となります。いわゆる乱視用でなければ、単純に白内障手術の設備のみでも可能ともいえます。
その乱視用ICLでは、位置合わせが重要ですので、IOLマスター700+カリストの様な手術支援システムが無ければ、目測でアバウトな位置合わせになります。当院ではより正確な位置合わせのため手術支援システムを導入運用しています。乱視用のICLを受ける場合は、そういった設備の整った施設を選択する事が重要です。

TOMEY 前眼部OCT CASIA2
TOMEY 前眼部OCT CASIA2

厚生労働省より先進医療の対象機器として認められた三次元前眼部OCT(光干渉断層計)。

前眼部(角膜から水晶体まで)の断面像を立体3Dでの形状計測に加え、角膜の前面と後面の検査が可能となりました。
 それにより、今まで以上に検査が困難であった部位まで鮮明になり、より正確な角膜形状と厚みを精密に測定します。
角膜形状の診断や経過観察に有用な機器といえます。

 また、白内障手術の術前・術後の水晶体の傾きなどを測定することが可能なため、白内障手術前の眼内レンズ選択において非常に有用な検査機器です。

術中波面収差解析装置 ORA
術中波面収差解析装置 ORA

ORAシステムは、術中リアルタイムでより最適な IOL 度数および固定位置を診断・選択でき、この僅かな差を極限まで補正することで、術後の見え方に対する満足度をさらに高めることが期待できます。

白内障手術は水晶体の濁りをとり、眼内レンズを挿入します。
 その際、手術中の眼の変化で術前の検査とは微妙な誤差が生じる場合があり、特に多焦点眼内レンズ、乱視用眼内レンズでこの少しの誤差が術後の見え方に影響を及ぼすことがありますが、ORAにより術中に検査して調整が可能なため、手術室と検査室を跨いで移動することなく、より患者様の見え方に良い方向性をもたらします。
 
 ORAを導入しているのは、2018年現在全国でも20数件と言われ、茨城県では当院のみです。
 上記記載のように手術中に屈折状態(近視・遠視・乱視)の状態をリアルタイムに測定し、手術顕微鏡の視野内に表示する事ができるので、手術後の屈折精度がさらに向上します。
 
 IOLマスター700とカリストの組み合わせでも、乱視用レンズの位置合わせは、目測による位置合わせと比べると遥かに高精度ですが、さらに、この「ORA System」で更なる高精度を実現しています。  

さらに良好な治療のための IOLマスター700

「IOLマスター 700」は新たな技術をベースとして開発された、バイオメトリー(生体統計学)にスウェプトソースOCTのテクノロジーを融合させた次世代のバイオメトリー「SWEPT Source Biometry」となります。

IOLマスター 700は全眼球のOCT画像を取得する事により、測定状態を視覚的に確認する事ができ、特殊眼球形状の検出も可能となります。また、Fixation Check機能により固視不良の検出が可能となり、術後屈折誤差の軽減をおこないます。

再現性、臨床情報のデーターベース、ZEISS独自のテレセントリックケラトメトリー、最新の眼内レンズ度数計算式に完全対応した生体計測パラメーターにより、旧式のIOLマスター500等と比べ、更なる良好な術後成績を望めます。

測定スピードの高速化、タッチパネル操作による新たなインターフェース、内蔵トーリックレンズ度数計算式(Haigis Suite)、マーカーレスでのトーリック眼内レンズ挿入(ZEISS Cataract Suite)の実現により術前検査のワークフローを最適化します。 これにより、従来行われていた術前のマーキング、手作業によるデーターの移動、マニュアルによる術中マーキングは不要となります。

 

白内障手術を強力にサポートする手術顕微鏡 Lumera 700 と 手術支援システム CALLISTO eye

CALLISTO eye は IDIS (Integrated Data Injection System)を使用すると、アイトラッキング(強膜血管認識)による手術支援情報を、直接顕微鏡の視界にリアルタイムに表示することができます。
そのため、より精密で正確な治療が可能となり、乱視用眼内レンズのいち合わせが飛躍的に向上しました。

手術顕微鏡の視界に表示可能な手術支援情報
1.眼球の水平ライン(0°- 180°ライン)
2.切開位置と切開幅
3.前嚢切開円(任意の直径で真円)を角膜中心または視軸に表示
4.乱視用眼内レンズの固定位置

 

また、手術顕微鏡 OPMI Lumera 700との連携により、術中OCTの力を最大限に発揮します。網膜の広範囲かつ詳細な視覚化が行われることにより、より精細さが要求される手術への適応をより一層深めています。

ICLの4つの特長
色鮮やかな見え方
角膜を削ることなく、眼内のレンズで近視を矯正するため収差が増えません。
さらにクリアで色鮮やかな見え方や、いままでとは違うハイビジョンの奥行や立体感を実感できます。 強度近視眼に対するシミュレーション(STAAR Surgical社 社内資料より)
ICL眼 レーザー角膜補正眼
幅広い矯正範囲
角膜を削ることが出来ない「強度近視の方」「角膜厚の薄い方」「角膜形状不正の方」にも可能です。
ICLの矯正量
長期安定性
生体適合性に優れた新素材「コラマー(Collamer®)」を採用しており、1997年から欧州で販売を開始し、全世界で300,000 眼以上の実績があり、14年以上の長期実績があります。
ノンドライアイ、紫外線ブロック
角膜を削らないので知覚神経を切断することなく矯正可能です。術後ドライアイを発症する心配がありません。レンズに紫外線吸収剤が含まれてますので、紫外線A波・B波をブロックできます。 ※ICLはUV吸収サングラスの代わりにはなれません。 ・生体適合性に優れた新素材「コラマー(Collamer®)」
コラマーはHEMAとコラーゲンの共重合体です。生体適合性に優れた親水性素材です。

各名称
術前検査と処置

術前には手術に必要な目の検査(視力検査・眼圧検査・細隙灯顕微鏡検査・眼底検査・眼軸長検査・角膜形状測定など)及び血液検査を行います。この検査に基づき、最適な度数・大きさのICLを選択します。

手術方法

手術は局所麻酔(通常は点眼麻酔のみ)で行います。角膜輪部(角膜の外端)に3mm程切開をし、眼内を粘弾性物質(手術補助のための薬剤)で満たした後、筒状の器具の中にセットされたICLを眼内に挿入します。さらにICLを後房(虹彩と水晶体の間)に固定し、眼内を洗浄して終了します。創口の縫合は必要に応じて行います。

ICLの角膜を削らない手術内容
  • インジェクターにて挿入(1)3mmの切開創からインジェクターにて挿入します。
  • レンズを広がる(2)眼内でレンズがゆっくり広がります。
  • 指示部を虹彩の後ろに挿入(3)指示部を虹彩の後ろに挿入します。
  • ICLレンズを毛様溝に固定(4)ICLレンズを毛様溝に固定します。
術後の検査・処置について
手術当日から暫くの間は、抗菌薬や抗炎症薬の点眼が必要です。また、症状に応じて手術後に眼圧降下の点滴を行う場合もあります。 術後の経過を診るため、定期的な通院が必要となります。
予測される効果及び合併症について
予測される効果
ICLは、近視の視力を補正するのに有効と考えられ、裸眼視力の向上が期待できます。 ※手術後から裸眼視力の向上が得られますが、回復の速さには個人差があります。
可能性のある合併症と対策
米国における臨床評価(523眼)
白内障 2.9% (白内障手術に至ったものは0.4%
レンズ交換・摘出 1.9%  
レンズ位置直し 0.8%  
眼圧上昇 0.8%  
角膜混濁・浮腫 0.4%  
網膜剥離 0.2%  
白内障は何らかの理由でレンズが水晶体に強く接触した場合に起こり得ます。白内障が軽微な場合には経過観察を行いますが、視力に大きな影響がある場合にはICLを摘出した後、水晶体を摘出する白内障手術を行って、眼内レンズを挿入し視力を補正します。水晶体を摘出した場合には調節機能が失われます。 レンズ摘出・交換は挿入したレンズのサイズや度数が合わない場合等に必要となることがあります。
眼圧上昇、角膜混濁・浮腫は内眼手術にみられる一過性の症状で、多くの場合数日で回復します。
網膜剥離は目の奥の光を感じる部分(網膜)が剥がれる病気であり、治療には手術を必要とします。
その他通常の眼内手術後に伴う以下の合併症が生じる可能性があります。 (前房出血・瞳孔異常・虹彩炎・硝子体炎・眼内炎・黄斑浮腫など) 万一このような術後合併症が発生した場合には適切な処置をいたします。 ※上記の臨床評価は以前のホールなしICL(V4モデル)のデータです。現在のホールICL(EVOモデル) は2016年のメタアナリシスデータ(8つの研究に含まれる1291眼、5年の経過観察)において、無症候性のASC(前嚢下白内障)、視力に影響のある白内障、瞳孔ブロック、色素散乱性の緑内障を含む有害事象の報告は一つもありませんでした。
当院で受けられる手術・診療
白内障治療
水晶体眼内レンズ
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術