メニュー

当院で受けられる手術・診療

プレミアム多焦点眼内レンズ(焦点深度拡張型[EDOF])とは

回折型レンズについて

光をレンズの回折構造によって、遠方と近方(トリフォーカルレンズの場合は遠方・中間・近方)に分けます。

通常の単焦点レンズや焦点深度拡張型多焦点眼内レンズのレンズに比べて、見え方の質を少し落とす代わりに特に近方の見え方が秀逸です。見え方の質を落とすと言っても、日常生活には影響は及ぼさないレベルです。夜間、暗がりで光を見ると、多少の滲み(ハロー・グレア)を感じますが、ほとんどの方は慣れるにしたがって気にならなくなります。

二焦点眼内レンズ テクニスマルチ、レストアトーリック

二焦点眼内レンズは、遠中、および遠近というように、2つの距離にピントが合うレンズです。近方と言っても、体格(腕の長さ)やお仕事の種類によって、各々の求める近方距離が違いますが、各近方距離のレンズを選ぶことが可能です。主に、近方がおよそ40cm前後にピントが合うレンズを使用します。中間距離の見えにくさを気にする方もおられますが、実際は、パソコンも含めて日常生活のほとんどの局面で眼鏡無しで生活することが可能となります。

三焦点眼内レンズ(トリフォーカルレンズ)FineVision

トリフォーカルレンズは今までの二焦点レンズでロスしていた光を中間距離にピントが合うように設計した遠中近の3焦点眼内レンズです。
<詳しくはこちら>


新しいコンセプトの【焦点深度拡張型(EDOF)】とは

焦点深度拡張型多焦点眼内レンズは、ごく最近登場した新しいコンセプトのレンズです。

英語で書くと、Extended Depth of Focus となり、専門家の間ではEDOFレンズと呼ばれます。光を遠方と近方に振り分けていた、従来の回折型と違い、光を振り分けることなく、見える範囲を広げますので、より単焦点レンズに近い見え方となります。ただ、近方の見え方は少し弱いので、見え方の質重視でほぼほぼ裸眼で生活できれば手元の細かい文字は眼鏡をかけても良い方や、緑内障・網膜疾患等がある方で老視矯正をご希望の方などに合ったレンズとなります。

最新のEDOFレンズでは、3焦点EDOFレンズも登場し、遠方から近方まで幅広くカバーしクオリティの高い見え方を追求した全距離対応眼内レンズも登場しました。



最新世代の3焦点EDOF ファインビジョン・トライアンフ(FineVision Triumf)

ファインビジョン・トライアンフ(FineVision Triumf)とは、中間距離(+1.75D)への配分を高めに調整したレンズであり、各焦点間の落込みがなく、幅広い焦点域を確保します。G-Free疎水性アクリルを採用しております。従来のEDOFレンズよりも、ハログレアの軽減を期待でき、様々なシーンで活躍する、全距離対応眼内レンズとなっています。





MINIWELL

ミニウェル レディ

ミニウェル(MINIWELL)とは、従来の多焦点眼内レンズの欠点(ハロー、グレアなど)を無くした遠方から近方まで、より対応し改善された画期的な多焦点眼内レンズです。
従来の多焦点レンズとMINIWELLの違いは、2焦点・3焦点のみでしたが、MINIWELLは、遠方から近方まで幅広い範囲が見えるようになります。
また、従来レンズで見られたハロー、グレアといった散乱光が発生して夜間運転の際に見えづらかった症状がかなり少なくなり、夜間のライトが眩しくなく視界がクリアになり夜の運転に支障がかなり無くなりました。

遠方視力と中間距離視力にかけて強みがあるため、スポーツをされる遠方重視の方、また料理やパソコンをする中間距離重視の方などに適しています。



当院ではよりよい視機能をめざし、患者様により満足感を得られるようカウンセリング説明を充分行っています。
まずはご相談下さい。

角膜インレー・CKは、安全性の問題と、手術結果の不確実性の為、当院では施術しておりません。

当院で受けられる手術・診療
白内障治療
有水晶体眼内レンズ(眼内コンタクトレンズ)
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術