メニュー

松本眼科の最先端眼科医療センター

最先端医療とは

先進医療制度と保険

 先進医療とは、厚生労働省の定める先進医療施設基準を満たした保険医療機関に、未だ保険診療の対象に至らない先進的な最新医療技術等と保険診療との併用を認めるものです。

 厚生労働省ホームページ 先進医療の概要について

 

 当院で先進医療の対象となる治療は、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」です。

 単焦点眼内レンズを使用する通常の白内障治療は、治療費用全額が健康保険適応となります。

 先進医療の承認を得た多焦点眼内レンズを使用する、先進医療白内障治療では、先進医療にかかわる費用(当院の場合:片眼400,000円 非課税)は、全額自己負担となり、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬)は、健康保険が適応されます。(混合診療)

生命保険の先進医療特約に加入されている場合、治療費用全額+αが給付される事が殆どです。

 詳しくはご加入の各生命保険会社にお問い合わせください。

松本眼科の最先端眼科医療センター