メニュー

当院で受けられる手術・診療

レーシック施術後のフォロー体制

レーシック施術後のフォロー体制とは

当院では、LASIK&ReLExおよびICL手術を受けられた方で一部の方に起こりうる合併症につきましても眼科専門医として対処しております。

手術を受けられる患者様一人一人の長期的観察を行っていますので、より長年の経験による患者さまにあった手術方法を提案致します。

 

他院でLASIKを受けられ、不具合を生じている方へのリカバリー(ReLEx含)

長年(治療実績20年以上)の経験に基き、他院でLASIK等の屈折矯正手術を受けられた患者さまに対しましても診察を行っております。

・過矯正、低矯正、術後乱視等に対する再手術

・照射ズレによる不正乱視の改善

・既に受けられたLASIKの、不明な点や不安な事象に関するカウンセリング

・その他

他院で受けた屈折矯正手術後、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

他院で屈折矯正手術(LASIK等)を受けられた方の費用

・カウンセリング料  5,000円(税別) ご予約制となります。 0120-47-4976

・術前検査費用    20,000円(税別)

・手術費用

    LASIK後のLASIK手術

       両眼 120,000円(税別)

       片眼  80,000円(税別)

    ReLEx後・ICL後のLASIK手術

       両眼 180,000円(税別)

       片眼 100,000円(税別)

    ReLEx後・LASIK後のICL手術

両眼 400,000円 ~ 600,000円(税別)

片眼 200,000円 ~ 300,000円(税別)

 

※ReLEx後の再手術について

 基本的にReLEx後の再手術は、LASIK(サークル照射によるフラップ作製+エキシマレーザーWF照射)、またはICLとなります。(基本的にReLEx後、PRK、LASEK、Epi-LASIKは実施しません)

 ReLExでは、レンチクルが作製された後の角膜上部(CAP)の厚さは、100~120μmです。

 PRKやLASEKを実施する場合、上皮細胞(約50μm)を剥離した後に、エキシマレーザーを照射します。ReLEx後の100~120μmのCAPから、50μmの上皮細胞を剥離した後は、ボーマン膜と角膜実質の一部で、50~70μmしか残りません。そこにエキシマレーザーを照射すると強靭なボーマン膜は消失し、残り僅かな角膜実質の一部も蒸散します。

 

当院で受けられる手術・診療
白内障治療
水晶体眼内レンズ
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術