メニュー

当院で受けられる手術・診療

レーザー白内障治療とは

レーザー白内障治療+プレミアム多焦点眼内レンズ

 レーザー白内障で使用するプレミアム多焦点眼内レンズは、遠近のみではなく中間距離にもピントが合います。
 レーザー白内障治療+プレミアム多焦点眼内レンズによって、裸眼で運転が可能となった方が、裸眼で新聞も問題なく読める場合が殆どです。(補助的に眼鏡が必要となる場合もあります)

VICTUS VICTUS

    レーザー白内障治療の主なメリット

  1. 切らない(メスを使用しない)
     通常は、白内障用のメス(lance)で角膜周辺部を手作業で2~3箇所切開しますが、レーザー白内障では、メスを使用しません。
     フェムトセカンドレーザーによって、手術ポートも作製可能です。

  2. 眼球への負担が大幅に軽減
     通常は、濁った硬い水晶体を超音波で砕きながら吸引する為、網膜や硝子体に負担がかかります。
     レーザー白内障では、濁った水晶体分割をフェムトセカンドレーザーで行う為、超音波の使用を最小限に抑える事ができ、網膜や硝子体への負担も最小限となります。
     網膜や硝子体の疾患がある方や緑内障の方は、レーザー白内障を選択されると良いでしょう。

  3. 眼内レンズを最適な位置に固定
     多焦点レンズとトーリックレンズ(乱視用レンズ)では、眼内レンズを最適な位置に固定する事が重要です。レンズの中心がずれて固定されてしまうと、術後の視機能に大きな悪影響を与えます。  レーザー白内障では、眼内レンズを固定する水晶体嚢の前面(前嚢)剥離を瞳孔中心(角膜中心)に 真円で実施できる為、眼内レンズを最適な位置に固定する事が容易に可能です。手作業の白内障では、水晶体嚢の前嚢剥離を瞳孔中心に真円で実施する事は不可能です。
    多焦点レンズとトーリックレンズを選択される方は、レーザー白内障を選択されるべきでしょう。

  4. 白内障治療と同時に角膜乱視の矯正が可能。
     レーザー白内障では、角膜乱視矯正術AK(Astigmatic keratotomy)を同時に行う事が可能です。
     白内障と乱視を同時に矯正する場合、トーリックレンズを選択するしかありませんでしたが、レーザー白内障では、AKという選択肢が増えました。
     乱視がある方も、レーザー白内障を検討されると良いでしょう。


旧式の2D技法フェムトセカンドレーザーは、眼球に強い圧力をかけ角膜を平坦化した後、眼球を固定してレーザー照射を行っておりましたが、最新機種のVICTUS™では、高度に制御された圧力コントロールのもと、3D技術を使用して眼球を立体的に捉えるため、眼球に負担が少なく、より確実に、より正確なレーザー照射が可能になり信頼性が向上しました。

VICTUS VICTUS

外側への圧力をモニターして適切な状態に保ち、サクションブレイクのリスクを減らす事ができるので、眼球への負荷が少なく、角膜にシワもできません。

VICTUS

手作業による白内障治療では、前嚢を常に同じ形で剥離する事は不可能です。
VICTUS™を使用したレーザー白内障治療では、常に前嚢を真円状に剥離する事が可能です。
最新のフェムトセカンドレーザー VICTUS™とプレミアム多焦点眼内レンズの組み合わせによって、より安全性の高い、High Quality白内障治療が可能となりました。

VICTUS

尚、当院で導入のフェムトセカンドレーザー VICTUS™は、アメリカのボシュロムとドイツのTechnolas Perfect Visionの両社によって、それぞれの白内障および、屈折矯正の専門知識を生かして開発した、白内障と角膜の治療を1台で行うことができる革新的な世界最新鋭の眼科用レーザー機器です。 レーシック、乱視矯正を行うことができ、また、レーザー白内障手術までも行うことの出来る機械で、レーザー白内障手術やレーシックにおける「フラップの形成」で最も高い評価を得ています。 スピード、安全性、精密性において優れており、現在全世界の有名医院にて導入が進められています。

VICTUS
VICTUS

当院ではよりよい視機能をめざし、患者様により満足感を得られるようカウンセリングを充分行っています。
まずはご相談下さい。

無料カウンセリングのご相談ご予約は
0120-47-4976

当院で受けられる手術・診療
白内障治療
水晶体眼内レンズ
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術