メニュー

当院で受けられる手術・診療

白内障治療の初診から術後検診まで

1. 一般外来治療
  • かすんで見える
  • 眩しさが強くなった
  • 老眼で近くが見辛かったのに、一時的に近くが見易くなった
  • だぶって見える
等を自覚されたら、是非ご相談ください。
2. 検査・診察・診断
一般的な眼科検査によって、白内障と診断されましたら、治療方針を担当医と良く相談してください。 日常生活に支障が無ければ、点眼薬や内服薬で進行を遅らせて、定期的に経過を観察いたします。 白内障が進行して、日常生活に支障を感じた時に、手術の時期を検討します。
3. 眼内レンズの種類を決定します
眼の状態とご希望によって、眼内レンズの種類を決定します。(単焦点レンズ・多焦点レンズ(先進医療適応レンズ・プレミアム多焦点レンズ)
4. 手術の方法を決定します
①単焦点眼内レンズの場合、通常の白内障治療(全額健康保険適応)で行います。②先進医療適応の白内障治療は、治療手順は通常の白内障治療と同じですが、遠方と近方の両方にピントが合う先進医療適応の多焦点眼内レンズを使用します。(多焦点眼内レンズ代が自費となります)生命保険の先進医療特約に加入されている場合、治療費用の全額が生命保険会社から支給される場合があります。③レーザー白内障+プレミアム多焦点眼内レンズ(全額自費)メスを使用せずに手術ポートの作成が可能で、前嚢切開、水晶体分割、角膜乱視矯正を最新のフェムトセカンドレーザーで行う為、通常の白内障治療よりも精度と安全性が高い治療です。インプラントするプレミアム多焦点眼内レンズも先進医療適応の多焦点眼内レンズよりも、治療後の満足度が遥かに高い結果が得られております。
5. 手術の日程が決まりましたら、手術日の1週間程前に術前検査を行います。
一般的な眼科検査と白内障手術に必要な検査を全て行います。 検査よって得られた情報を検討して、近視・乱視・遠視の状態に適応した眼内レンズを選択します。 また、検査結果・術式・注意事項等の説明を行い、理解と安心の基に手術を受けていただけるよう、万全をきたします。 手術当日に清潔な状態で手術出を受けていただく為に、手術5日前より、抗菌点眼薬を使用していただきます。
6. 手術当日
通常、手術は午後13時頃から15時迄の間に実施されます。 検査の後、術前の診察を受けていただき、術前の確認をいたします。 手術は、短時間で終了し、術後用の眼帯で眼を保護して帰宅します。 帰宅後はまるべく安静を心がけてください。入浴・洗顔はできません。
【代表的な手術の流れ】 白内障が主に手術によって治療が行われます。小さな切開から濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、その代わりに人工の水晶体である眼内レンズを入れる方法で行われます。
  • (1)切開します。
    切開
  • (1)濁った水晶体を砕いて取り出します。
    切開
  • (3)眼内レンズを挿入します。
    眼内レンズを挿入
7. 翌日検診
午前中に眼帯をしたまま来院してください。 眼の消毒と簡単な検査を行い、診察となります。
手術後の検診は、翌日・翌々日・1週間後・2週間後・1ヵ月後・3ヵ月後となります。
眼内レンズ挿入後のピントについて
眼内レンズ挿入後のピント

※多焦点眼内レンズは、近くと遠くの両方にピントを合わせることができますが、自由にピントを変えることができる若い頃の見え方とは異なります。

 プレミアム多焦点眼内レンズでは、通常の多焦点レンズではピントの合い難い、中間距離にもピントが合います。(補助的に眼鏡が必要となる場合もあります)

手術後の合併症について
グレア・ハロー

強い光源を見た場合に光を眩しく感じる事(グレア)や光の周辺に輪がかかって見える事(ハロー)が起きやすくなります。
個人差はありますが手術後の時間経過とともに慣れてくるといわれています。この発生頻度は、多焦点眼内レンズでは、単焦点眼内レンズに比べて高いことが報告されています。
プレミアム眼内レンズにおいては、より軽減されたレンズを使用します。

後発白内障

白内障手術後、数ヶ月から数年経ってから眼内レンズを支える袋の役割をする後嚢という部分が濁って、視力が低下したり、眩しく感じることがあります。 これは「後発白内障」とよばれるものです。治療はレーザーで短時間に行うことができ、入院も不要で、視力はすぐに回復します。

当院で受けられる手術・診療
白内障治療
水晶体眼内レンズ
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術