メニュー

当院で受けられる手術・診療

保険診療の白内障治療こそ、施設選びが重要です。


白内障手術は安全に手術するだけではもう時代遅れです。より良い結果が求められております。

最新の白内障治療では手術後、眼鏡などで乱視を矯正しなくてもよく見えるようになります。従来の方法では充分満足のいく乱視を矯正ができなかったため、手術後不満の方がおりました。現在、手術機器のさらなる進化・改善により、乱視と、手術後焦点位置(ピント)のコントロールが最適化されました。

本院では毎年2,000人近い白内障手術をしておりますが、そのうち30%以上の方に乱視矯正しております。乱視がある方は、乱視矯正することにより快適な日常生活を取り戻すことができます。

白内障手術は、ただやるだけ(濁りを取るだけ)の旧態の手術法と異なり、精度と安全性が高い測定機器・手術装置を用い、乱視もコントロールできる手術となっております。
松本眼科では毎年
2,000症例累計50,000症例以上の手術実績があり、高い評価をいただいております。
また、先進医療指定医療機関として認め、高度医療も積極的に行っております。

■松本眼科の白内障手術におけるポリシー

 当院では、治療精度と治療後の満足度向上を目指し、下記に掲載しました最新機器を導入し、それぞれの特長を活かした最適な治療に努めています。

 白内障治療では眼内レンズの選定や調整が非常に重要です。

 水晶体の濁りを取り除くだけの治療は、過去の治療と認識し、治療後に快適な裸眼視力を得るため、最善の治療を追及しております。

 当院では、単焦点眼内レンズ、乱視用単焦点眼内レンズ、先進医療多焦点眼内レンズ、プレミアム多焦点眼内レンズからインプラントする眼内レンズの選択が可能です。

 治療後に高精度で目標裸眼視力を得るためには、選択された眼内レンズの度数を、正確に決定する必要があります。
個々の眼に合わせて最適な眼内レンズの度数を決定するためには、高精度の検査が求められます。
眼内レンズの度数設定には、IOLマスター500等の検査機器により、眼軸(角膜から黄斑部までの距離)と角膜表面の形状の主に2つのデータのみで計算している施設がほとんどです。

 当院では、最新のIOLマスター700を採用し、眼軸と角膜表面の形状検査の精度を上げるのみではなく、CASIA2(三次元前眼部OCT)で得られる様々な前眼部の情報(角膜後面形状等)により、格段に精度が向上しました。

 また、乱視用の眼内レンズをインプラントする場合、正しい方向に眼内レンズを固定する必要があります。
通常は、術前の診察時に、角膜周辺の結膜に染色用のペンで水平方向や乱視用レンズの固定位置を手作業でマーキングし、手術中にそのマークに乱視用眼内レンズの位置合わせを行います。
 この方法では、検査時とマーキング時で患者さんの顔の傾きが異なる可能性が高い為、数ミリの誤差を生じてしまう事も珍しくありません。
当院が導入した最新のIOL MASTER700では、検査時に結膜の血管の紋様を撮影し、手術顕微鏡(Lumera 700)に搭載された手術支援システム CALLISTO eyeとリンクして、手術顕微鏡の視野内に検査時の水平ラインと乱視用眼内レンズの固定位置がリアルタイムに投影される為、術中に眼が動いても、高い精度で正しい位置に乱視用眼内レンズを固定する事が可能です。

 乱視用眼内レンズを採用する場合は、この手術支援システムが必要不可欠だと言えます。

 更に当院では、術中波面収差解析装置ORA Systemを採用し精度を追求しております。
 このORA Systemは、屈折情報を術中リアルタイムに提供できる日本初の装置で、白内障治療の眼内レンズ挿入時に使用される術中診断ツールです。
術中、リアルタイムに患者さんの屈折情報が把握できるため、より最適なIOL度数および固定位置が選択でき、見え方に対する患者満足度をさらに高めることができます。
 白内障治療では、術前にレンズ度数や固定位置を設定しますが、切開や水晶体除去などをすることで眼の状態が変化するため、設定した度数や固定位置に誤差が生じることがあります。特に多焦点眼内レンズおよび乱視用の眼内レンズのインプラントでは、僅かな差が結果に影響を及ぼす可能性があるため、より正確な治療が要求されます。

 尚、健康保険診療では、安価な眼内レンズでも光学特性に優れた高価な眼内レンズを選択しても、治療費用は同額なので、多くの施設では、より利益を得るために、安価な眼内レンズのみを使用し、乱視用眼内レンズも採用されておりません。

当院では、光学特性に優れた眼内レンズと乱視用眼内レンズを積極的に採用しております。

白内障手術を受けるために必要な確認事項、判断基準
第4世代のレーザー治療ReLEx(リレックス)

不確かな口コミに惑わされないために、白内障治療をご検討の方は下記をご確認ください。


・厚生労働省によって、先進医療施設に認定されていますか?
・光学特性や素材が劣る眼内レンズを選択されていませんか?
・乱視用眼内レンズ(健康保険適応)を選択できますか?
・多焦点眼内レンズを選択できますか?
・重要な検査機器は最新ですか?
・重要な手術機器は最新ですか?
・日帰り手術が可能ですか?(無駄入院強要されないか?)

 通常の白内障手術は、正しく実施されれば外来手術(入院無しの日帰り手術)で十分な安全性が確保できます。
 全身管理が必要な状態に限り、総合病院の平和台病院にて、入院による白内障治療を行います。(当院の院長が執刀します)
 術後感染症を多発させてしまう施設や、利益を優先する施設では、無駄な入院を強要されることもあるで、注意が必要です。


全ての条件を満たしている当院では、高い安全性と高精度を実現しています。

白内障手術に使用している最新医療機器
白内障手術を強力にサポートする先進医療機器CASIA2

CASIA2は、厚生労働省より先進医療の対象機器として認められた三次元前眼部OCT(光干渉断層計)。
前眼部(角膜から水晶体まで)の断面像を立体3Dでの形状計測に加え、角膜の前面と後面の検査が可能となりました。

それにより、今まで以上に検査が困難であった部位まで鮮明になり、より正確な角膜形状と厚みを精密に測定します。 角膜形状の診断や経過観察に有用な機器といえます。

また、白内障手術の術前・術後の水晶体や眼内レンズの傾きなどを測定することが可能なため、白内障手術前の眼内レンズ選択において非常に有用な検査機器です。

 

術中リアルタイム検査システム ORA

ORAシステムは、術中リアルタイムでより最適なIOL度数および固定位置を診断・選択でき、この僅かな差を極限まで補正することで、術後の見え方に対する満足度をさらに高めることができます。
手術中の眼の変化で術前の検査とは微妙な誤差が生じる場合が稀にあります。

特に多焦点眼内レンズ、乱視用眼内レンズでは、この少しの誤差が術後の見え方に大きな影響を及ぼすことがあります。
従来は、この誤差を確認する為、手術中に検査室へ移動してWFA(ウェーブフロントアナライザー)を測定し誤差が確認された場合は、再び手術室に戻り再処置が必要でした。
しかし、このORAシステムでは術中にリアルタイム検査が可能なので、手術室と検査室を跨いで移動することなく、誤差の修正が可能となりました。

 

さらに良好な治療のための IOLマスター700

「IOLマスター 700」は新たな技術をベースとして開発された、バイオメトリー(生体統計学)にスウェプトソースOCTのテクノロジーを融合させた次世代のバイオメトリー「SWEPT Source Biometry」となります。

IOLマスター 700は全眼球のOCT画像を取得する事により、測定状態を視覚的に確認する事ができ、特殊眼球形状の検出も可能となります。また、Fixation Check機能により固視不良の検出が可能となり、術後屈折誤差の軽減をおこないます。

再現性、臨床情報のデーターベース、ZEISS独自のテレセントリックケラトメトリー、最新の眼内レンズ度数計算式に完全対応した生体計測パラメーターにより、旧式のIOLマスター500等と比べ、更なる良好な術後成績を望めます。

測定スピードの高速化、タッチパネル操作による新たなインターフェース、内蔵トーリックレンズ度数計算式(Haigis Suite)、マーカーレスでのトーリック眼内レンズ挿入(ZEISS Cataract Suite)の実現により術前検査のワークフローを最適化します。 これにより、従来行われていた術前のマーキング、手作業によるデーターの移動、マニュアルによる術中マーキングは不要となります。

 

白内障手術を強力にサポートする手術顕微鏡 Lumera 700 と 手術支援システム CALLISTO eye

CALLISTO eye は IDIS (Integrated Data Injection System)を使用すると、アイトラッキング(強膜血管認識)による手術支援情報を、直接顕微鏡の視界にリアルタイムに表示することができます。
そのため、より精密で正確な治療が可能となり、乱視用眼内レンズのいち合わせが飛躍的に向上しました。

手術顕微鏡の視界に表示可能な手術支援情報
1.眼球の水平ライン(0°- 180°ライン)
2.切開位置と切開幅
3.前嚢切開円(任意の直径で真円)を角膜中心または視軸に表示
4.乱視用眼内レンズの固定位置

 

また、手術顕微鏡 OPMI Lumera 700との連携により、術中OCTの力を最大限に発揮します。網膜の広範囲かつ詳細な視覚化が行われることにより、より精細さが要求される手術への適応をより一層深めています。

次世代型白内障手術装置 CENTURION® Vision System

Alcon社における最上位機種センチュリオンを導入しています。

手術中に変化する眼内圧を自動的にオンタイムでモニタリングし、その変動を抑制するシステムを搭載しています。手術中の眼内圧の変動を抑えることで、いままでの白内障手術と比べて、飛躍的に安全・安定・効率化を実現しています。

 

前房蛋白測定装置レーザーフレアメーター コーワ FM-600

前房水(角膜と水晶体の間の水)中の微細な炎症物質(浮遊タンパク質)を検査するため、今まで分かりづらかった術後の微細の炎症も見逃さない為、安全性が格段と向上します。

 

 

保険診療の白内障治療(単焦点眼内レンズ)では、使用する眼内レンズの価格に治療費用が左右されない為、安価な眼内レンズを使用されたり、乱視用眼内レンズの選択が不可能な場合がほとんどです。
乱視用眼内レンズに関しては、技術的な問題で採用していない眼科もあります。



当院は、光学特性に優れた眼内レンズを採用し、乱視用眼内レンズも積極的に採用しています。健康保険適応の白内障治療で、白内障と同時に近視または遠視と乱視の治療が可能です。
また、最新の検査機器(IOLマスター700)と最新の治療機器(IOLマスター700とリンクする手術顕微鏡、レーザー白内障治療用次世代FSレーザー)を採用し、高精度と高い安全性を実現しています。

そして、当院では必ず経験豊富な眼科専門医が執刀します。
選択眼内レンズ別による、保険適用および特徴と治療後の眼鏡について
※右にスワイプしてください。
眼内レンズ 保険適応 特徴 治療後のメガネについて
単焦点眼内レンズ
乱視用単焦点眼内レンズ
健康保険適用(全額)

片眼:
1割負担:約12,000円
3割負担:約45,000円

一般的な白内障治療で、治療後の裸眼でピントが合う距離をご自身で選択して頂きます。

※白内障治療と同時に、近視・乱視・遠視の治療が可能です。

遠方用、または近方用の眼鏡が必要になります。
先進医療適応 多焦点眼内レンズ 健康保険適用(一部)

片眼:非課税
1割負担:約400,000円
3割負担:約410,000円

厚生労働省により、先進医療として承認された遠近両用眼内レンズ。

※白内障治療と同時に、近視・乱視・遠視・老眼の治療が可能です。

補助的に、眼鏡が必要になる場合があります。
プレミアム多焦点眼内レンズ 全額自費

健康保険適応外
生命保険先進医療特約適応外

片眼:税別
約500,000円

先進医療多焦点眼内レンズよりも、光学特性に優れた最新の多焦点眼内レンズ。2種類から選択可能です。

※白内障治療と同時に、近視・乱視・遠視・老眼の治療が可能です。

基本的に眼鏡は必要ありません。


※1 生命保険会社から手術給付金が支給される場合がございます。
※2 生命保険の先進医療特約に加入されている方は、手術費用(全額)+ α が給付される場合が殆どです。
  (詳しくはご加入の生命保険会社にお問い合わせ下さい。)

当院ではよりよい視機能を目指し患者様に満足いただけるようカウンセリング、説明を充分に行っております。 まずはご相談下さい。

無料カウンセリングのご相談ご予約は
0120-47-4976

スタッフの患者様への対応、医師の的確な診断、充実したフォローアップ制度すべてが大切であると考えております。
ぜひ、快適な裸眼生活を手に入れてください。

当院で受けられる手術・診療
白内障治療
水晶体眼内レンズ
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術