メニュー

当院で受けられる手術・診療

日帰り白内障治療

白内障の主な症状

眼の中のレンズ(水晶体)が様々な原因によって濁ってしまうのが、白内障です。

【正常】水晶体は光をよく通す。

正常

【白内障】水晶体がにごり、光を十分に通さない。

白内障

眼のレンズともいうべき透明な水晶体が濁ってくると、次のような自覚症状が現れます。

  1. かすんで見えて、視力が下がる
  2. 眩しさが強くなる
  3. 近視化する (老眼で近くが見辛かったのが、 一時的に近くが見易くなる)
  4. だぶって見える

水晶体の濁りは、水晶体の成分の一つである蛋白質が変性して起こるものです。
白内障の中で最も多いのは加齢による老人性白内障です。
60歳代で70%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障の症状がみられます。
その他に、アトピー性皮膚炎や糖尿病など疾病の治療に用いる薬物等の影響や紫外線により、濁りの症状が速くなる場合があります。水晶体が濁っていることにより、外部からの光がそのまま通過しないことにより、網膜にクリアな光が届かないため上の挙げた自覚症状が現れることになります。

白内障の種類
  1. 加齢性白内障:白内障の原因で最も多い、加齢による白内障です。
  2. 先天性白内障:生まれつき水晶体に濁りがある状態です。
  3. 外傷性白内障:眼の外傷によって生じる白内障です。
  4. 併発白内障:ぶどう膜炎等に併発する白内障です。
  5. 内科的疾患の合併症としての白内障
  6. その他、放射線・紫外線・薬剤の副作用による白内障。
日帰り手術

白内障の治療は、濁ってしまった水晶体を、手術によって人工水晶体(眼内レンズ)と交換します。

薬剤による治療では、白内障の進行を遅くする事はできますが、症状を改善する事はできません。
私達は20年程前より無痛日帰り白内障手術を安全に行っております。また、当院では様々な症例【年間1500~1800例】を経験しています。
当院での特徴は無痛、短時間しかも高い安全性のもとで施術し、自覚的にも他覚的にも明らかに改善している点にあり、完成度の高い手術を行っており、 良好な治療実績がございますので、安心して治療を受けていただけると思います。

治療は、点眼薬での麻酔により痛みが無く、治療技術の進歩によって時間も短時間なので、患者さんに負担の少ない治療となっております。 最近では、老人性白内障を早期に手術する方が多く見られますが、進行した白内障でも、問題なく手術できるので、日常生活に支障が無ければ、手術を急ぐ必要は全くありません。

手術時期に付いては担当医と十分に相談されて、ご納得されてから決める事をお勧めします。

先進医療白内障手術

当院の白内障治療では、患者さんに眼内レンズを選んでいただく事が可能です。

1.単焦点眼内レンズ:一般的な単焦点眼内レンズをインプラントします。

 全額(検査・診察・手術・検診・投薬)健康保険適応となります。

 

2.先進医療多焦点眼内レンズ:厚生労働省により先進医療として認可された多焦点眼内レンズをインプラントします。

 当院は先進医療施設に認定されておりますので、一部(検査・診察・検診・投薬)が健康保険適応となり、手術費用のみ自費(自己負担)となります。
 ただし、民間の生命保険の先進医療特約に加入されている方は、手術費用全額+αが術後に支給される場合が殆どですので、患者さんの経済的負担が軽くなりました。
 老眼の治療としても、非常に効果があり、裸眼で遠くも近くも見えるようになります。(補助的に眼鏡が必要となる場合もございます)

 先進医療施設は、厚生労働大臣が保険適用外の最先端医療技術と保険診療との併用について、一定の条件を満たした施設のみに認める医療制度です。

3.プレミアム多焦点眼内レンズ:先進医療多焦点眼内レンズよりも、光学的に優れた特性を有しておりますが、厚生労働省未承認なので、健康保険非適応となり全額(検査・診察・手術・検診・投薬)自費(自己負担)となります。(生命保険の先進医療特約も非適応です)

 多焦点眼内レンズを選択した場合、レーザー白内障治療が不可欠となります。手作業の手術では実現できない高精度と高い安全性で、多焦点眼内レンズの性能を十分に引き出す事が可能です。

当院で受けられる手術・診療
白内障治療
水晶体眼内レンズ
オルソケラトロジー
その他の代表する検査・手術